スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに動物達の「命」の叫びは聞こえますか?

2011年04月08日 13:44

今日も朝を迎える事が出来ました。
暖かい部屋で熱いコーヒーを飲む事が出来ました。
ぶ~ちゃんは、あくびをしながら伸びをしています。
・・・変わらない日を迎える事の幸せを毎日噛みしめています・・・

大地震の甚大な被害の中、取り残されている動物達がたくさんいます。
犬さん・猫さんたちだけではありません。
牛さん、豚さん、鶏さんたち・・・
ニュースで報道されないないので現状を知る事がなかなか出来ませんが
福島原子力発電所の放射能被害で「避難地域」に取り残されいる子たちもいるのです。

この地震が起きてから何日経ったでしょうか。
ご飯も食べられず、水を飲む事も出来ず、ただそこに居るしかない「命」が・・・
餓死していくしかない「命」が・・・現実としてあるのです。
自分の子供にそんな事が出来るでしょうか。
「種」は違うけど、全ての命は尊いのです。
「命」に上・下も高・低も順位もありません!
人間じゃないから、放っておいて良いのしょうか?
人間の都合で動物たちの「生」・「死」を決める事は良い事でしょうか?

以下は、Twitter で知ったツィートから辿りついた記事です。
多くの方々に知って欲しく転載の旨をお伝えし載せています。

どうか魂で受け止めて下さい・・・
そして動物たちの「命」を尊んで下さい・・・
虹の橋を渡って行ったたくさんの動物達へ祈りを捧げます。


==== 転載開始 ↓ ====

『 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。』

福井に帰ってきて以来、あまり眠れていません。
目を閉じれば、さまよう犬たちの姿が見えます。
つながれていないのに、家の玄関で、飼い主の帰りをずっと待っている犬たちの姿が見えます。
じっと悲しそうな目でこちらを見ていた牛たちの姿が見えます。

やせ細った子牛と、その子牛をかばうようにしていた骨だらけになった母牛。
運んだ水を競うように飲んだ鶏の姿が見えます。餌が見当たらず、近くに生えている草をあげました。
お水はどれだけ持つのだろう・・・
あの子たちはどうしたのだろう・・今日は誰かにお水や餌をもらえたのかな・・
と思うと、涙が止まりません。

現場に残って動物に餌をやり続ける女性のことを思うと涙がとまりません。
その女性を助けるために、辛い気持をこらえながらボランティアの手配をし、メッセージを
送りつづけている木幡さんのことを思うと、どんなに辛いだろうと思うと、涙がとまりません。

ゆっくりと餓死していく犬や猫、鶏、馬、牛たちも可哀そう。
それを助けようと必死になっている人たちも辛いよね。悲しいよね。苦しいよね。
できれば、こんなことには関わりたくないよね・・・辛い光景なんて見たくないよね。

私もわざわざ福井から福島に行く必要なんてなかった。

でも、いたたまれなかった。
みなければよかったけど、行かなければよかったと思うけど、
でも、行ったから救えた命があったと思うのです。

福井に帰ってきてから、「もう忘れよう」「見なかったことにしよう」とも思いました。
年間30万頭の動物が殺処分される日本で、数100頭の犬猫なんて、ほんのわずかな命かもしれない。
でも、どうしても忘れられません。
助けられない命なら、あきらめます。でも、彼らの命は助けられる。まだ間に合う。あきらめきれません。
もうこれ以上、命が無くなっていくのを見たくないです。

動物の権利が保障され、動物のための法律が確立されているヨーロッパ、
とくにドイツとは違い、日本の動物愛護活動って本当に遅れていると思います。

2004年にアメリカ南部に大型ハリケーン「カトりーナ」が襲来したとき、多くのペットが被災しました。
避難者が避難所にペットを連れていくことができず問題となり、その後、動物愛護団体が中心となって
「災害時にペットの避難所を飼い主の避難所の近くに設置する」法律を作成したのです。
海外ではそれくらい、動物の権利が保障されています。 動物の命の重さが認識されているのです。

だから、動物のニュースは世界をすぐに巡るのです。
津波直後によりそう2頭の犬がニュースになりましたよね?
あのニュース、ABC,CNN,BBC,などの大きなニュースチャンネルで何度も放送されているのです。
YOUTUBEでは何万回も見られています。
3週間も屋根の上にのって海上を漂流していた犬のニュースも、すぐに世界を駆け巡りました。

海外の友人から何度もメールがありました。

ジャーナリストの山路さんが実際にレスキューに行ったこと、素晴らしと思いました。
ジャーナリストである前に、一人の人間として行動した、という言葉に偽りはないと思います。

栃木県知事が命の尊さをよびかけて、「牛の受け入れ」を表明しました。素晴らしいことだと思います。
「人の命よりも牛か」という批判を浴びられているかもしれません。
県政のトップの発言として、勇気がいることだと思います。 

では、福島県は?
今までのところ、福井からでしかわかりませんが、
私が聞こえる限りでは「避難地域には危ないから入らないでください」というメッセージだけです。

危ないことは承知で入っている、そうせざるを得ない避難者の気持ちを理解はしてもらえないのでしょうか?

被災者のケアで手が回っていない状態であることは容易に想像できます。
新たな避難先を手配するのが優先になっているのもわかります。

でも、だからといって、餓死寸前の命が無視されてもいいわけではありません。
多くのボランティアがどうして放射能にさらされる危険をおかしてまでなぜ動物を救出するのでしょうか?

なぜ多くの避難者が、ペットに餌をやるためにこっそりと自宅に帰っているのでしょうか?

彼らにとって、大切な命だからです。その重さに優劣はつけられないからです。 

避難生活はどれだけ大変かと思います。
不安な中で生活されていると思う。
そして、ペットが餓死していくのを黙ってみていくしかない・・・
避難者のみなさんは、どれだけの心痛を味あわなければならないのでしょう??

「避難地域には危ないから入らないでください。
>>ペットに餌をやりたい方は、特別な防護服をきて、担当者とはいるようにしてください」

という対策はとれないのでしょうか?

「非難地域には危ないから入らないでください。
>>ペットを連れだしたい方は、自衛隊に頼みますので、住所とペットの特徴を申し出てください」、

という対策は取れないのでしょうか?

「避難地域にはあぶらないから入らないでください。
>>指定のペットの一時避難所に預けてください。ペットの輸送は行政が担当します」

という対策はとれないのでしょうか?

「被災地域でもないくせに生意気言うな」という非難の声があがることでしょう。

でも、いずれ、数100頭の犬猫がゆっくりと餓死していったニュースが、世界をめぐるでしょう。

津波のように一瞬にして命を奪ったのならまだしも、助けられる命なのに、助けなかったこと。

原発のことが話題になる限り、餓死した動物のことも話題なるでしょう。
そして、それが住居もペットもなくした避難者に大きな傷を残したことも、ニュースになるでしょう。

新潟から福島に向かう磐越自動車道の途中で見た、磐梯山の勇壮な姿は素晴らしかったです。
鳥肌が立つほど、迫力がありました。
災害さえなければ、きっと美しい自然や見どころがたくさんある県なのだろうな、と思います。

それが原発事故で一瞬にして奪われてしまった。
福島の名前は、原発事故で汚されてしまいました。

チェルノブイリのように、福島の名前は、原発事故現場「FUKUSHIMA」として、伝えられていくと思います。
残念ながら、これから何十年にわたり、ずっと原発事故の場所として記憶に刻まれると思います。
自然の美しい県なのに、とても残念です。

でも、もし、もしですよ、

福島県が一生懸命に、被災動物たちを救ったら、それもまた、人々の心の中に残るのです。

「原発事故にあい、無数の動物たちが餓死した福島」か、

「原発事故で多大な被害をこうむったが、行政や国が一致団結して被災動物たちを救った福島」か。

それを決めるのは、福島県と国です。

ボランティアのできることには限りがあります。
国や行政が力を貸してくれれば、まだ生きている動物たちを助けることができるかもしれません。

福島県と国が一致団結して、福島の素晴らしさを世界に示してほしいです。

あきらめきれない私は、引き続き、世界に向かって救援依頼のメッセージを投げ続けていきます。

==== 転載終わり ↑ ====


0408britney3.jpg

『 みんな大切な大切な「命」ぶ~ 』

・・・いろんな会社による「動物実験」も・・・
・・・生きたまま皮を剥ぐ「毛皮」の製造も・・・
・・・人間の仕業です・・・
・・・日本の「動物愛護法」の早急な改正が必要なんです。
1人1人の志が集まれば、「命」の尊さを守れます。
苦痛の中「命」を落とす動物たちを救わなければなりません!

・・・地球の声が聞こえていますか?
さぁ「目覚めの時」です
「 Love is ALL 」

動物達の声が聞こえてきます・・・

PS: 『 SOUL BOO 』 も ぼちぼち更新中


∞☆ Love & Light & Joy ☆∞


〘 ⑩ 惑星の月/第1週・5日〙  


blogram投票ボタン ↓・・・もし、お時間ございましたらポチっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ・・・心から感謝です!いつもありがとうございます☆
人気ブログランキングへ
精神世界ランキング
スポンサーサイト


コメント

  1. tomoko | URL | 5XrOZ5hQ

    Re: あなたに動物達の「命」の叫びは聞こえますか?

    おはようございます。
    今回も気持ちを代弁していただけてうれしいです。
    私も「人は国が何とかする。でも動物は?」という思いをずっと持ってきました。
    最悪自分の娘であっても、私がいなくてもだれか何とかしてくれる
    でも、今は亡くなりましたが、愛猫がいたころはこの子だけは自分しか
    守るものはいないという思いで阪神淡路以降祈るような気持ちでした。

    そもそも日本は「健常な成人」以外はまともな扱いをしない傾向があります。
    同じ人間であっても誕生しない間は「人」として認めないから堕胎にも寛容。
    さまざまな制度の適応も無し。
    子供や高齢者、障害者への対策も常に後回し。
    まして動物などこれっぽちの思いすら至らない傾向があります。
    動物にも虫にも魚にも「痛み」はあるんだということが理解できない人たちが
    多いのですね。そして「人」より劣るというのですね。
    悠久の歴史の中で一番遅れて発達してきた「動物」である「人」なのに。

    すでに震災の様子を見てペットを捨てるケースが増えているというニュースには
    震えが止まりません。

    私はベジタリアンではありません、だと発言権がないでしょうか?
    全てありがたく命を戴く、その代り生きるものすべてを同等に大切にする。
    それは忘れたくないと思います。

    問題あれば削除してくださいね;

  2. Gypsy | URL | -

    Re: あなたに動物達の「命」の叫びは聞こえますか?

    *tomokoさん*

    おはようございます。

    日本の「動物愛護」に関する法律は遅れています。
    というか「動物達の命」がお金儲け優先になっていて・・・
    悪質なブリーダーも後が絶ちません。
    それから「動物実験」の実情も酷い・・・
    想像力の欠如がはなはだしいと感じます。
    母なる地球上の全ての命には意味があります。
    全てが調和し合っています。
    そのバランスを破壊しているのが「人間」です。
    ・・・悲しい・・・
    だから苦痛をしいられている「命」の現状を
    発信していかなければと思っているんです。
    それにはやはり「法律改正」が必要なんです。

    「私はベジタリアンではありません、だと発言権がないでしょうか?」
    tomokoさんは、たとえ「ベジタリアン」でなくても
    「命」を尊ぶ心があるじゃないですか!
    どうかご自分を他の様々な事と比べないで下さいね。
    tomokoさんはtomokoさんなのですから!
    ジャッジせず、そのままの自分でOKなんですよ☆

    小さな「命」も大事に愛おしく守っていきましょうね!

  3. 大家(ワン太郎) | URL | -

    Re: あなたに動物達の「命」の叫びは聞こえますか?

    ご無沙汰してます。ぶ~ちゃんも元気そうでなによりです。
    とうとう桜が咲く季節になりました。
    しかしながら、震災の影響は一向に好転しませんね。
    新たに発表された計画避難区域みたいなものも、もっと早く事前に知らせることはできなかったのかなぁ。
    とにかく少しでも早く多くの動物たちが避難できることを祈りたいです。
    不安続きの毎日ですが、飼い主のイライラや不安はワンちゃんにも伝わるみたいなので、がんばっておおらかな気分でいるよう心掛けています。。。

  4. Gypsy | URL | -

    Re: あなたに動物達の「命」の叫びは聞こえますか?

    *大家さん*

    ご無沙汰で~す!
    ワン太郎ちゃんは元氣ですか?

    余震が続いていますが、ぶ~ちゃんはなんとか
    平常心でいるようです(笑
    (私が不安を感じず過ごしているからかなぁ・・・)

    本当に被災地、特に福島は大変な事に・・・
    避難の地域指定も曖昧すぎますよね。
    どれ程の苦痛と不安を抱えていらっしゃるかと
    心が痛みます・・・
    しかも関東圏への電氣を作る為の福島原発なので
    複雑です・・・
    さまよっている動物達の姿にも涙が出てしまいます・・・
    でも救援に携わっている方々には頭が上がりません。
    祈りと共に応援の氣持ちを送っています!!!

    本当の復興はこれから何年も先だと思いますが
    支援の氣持ちを持ち続けましょうね!

    あっ、ワン太郎ちゃんが自転車のに乗ってる姿から
    なんだか「あらいぐまラスカル」を思い出しました(笑
    ・・・かわいい~☆
    “ふらっかーず”欲しいぃぃぃ~ですぅ(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://britney444kuanyin333.blog117.fc2.com/tb.php/166-e0a171dd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。